台北4日目 狭すぎ!人多すぎ!な饒河街夜市

饒河街夜市

松山駅前の道路をわたって裏手の路地、そこが「ラオへ」という夜市。細い路地の真ん中に屋台を広げるものだから、人が通れないくらいの混雑になる。

taipei-raohe-yoichi1

台北に来てからずっと排骨を食べたかったので、その専門店っぽいところにした。名前は「牛魔王」。

taipei-raohe-yoichi2

「香煎豚排」は豚の排骨、パイ包みコーンスープ付きで150ドル。豚排、簡単に表現するとミラノ風カツレツみたいなもの。

taipei-raohe-yoichi3

豚の下に饂飩が敷いてあるのだけど、このソースがまさに餡かけスパの味だった。または少しスパイシーなミートソース。当然おいしかった。

デザートに愛玉(30ドル)を飲む。

taipei-raohe-yoichi4

次は、「何でも揚げます」のお店で、雞排(フライドチキン) 55ドルを購入。顔と同じくらいの大きなもも肉を、カットしてもらって食べ歩きする。カリカリジューシーで美味しい。

taipei-raohe-yoichi5

熱気がムンムンで暑苦しいので、途中また愛玉を飲み、ストラックアウトをやる。結果は9球投げて1マス抜きに終わる。

今川焼きのあんことクリーム 各15ドルを、夜食用に購入。

taipei-raohe-yoichi6

最後に胡椒餅 45ドル。肉まんみたいな生地を、ナンのように窯にひっつけて焼くおやつ。出来立てで出てくる胡椒餅は、悶絶するくらい熱く、ひりひりするほどスパイシーで食べられない。名前の通り、まるで胡椒を食べてるみたい。

taipei-raohe-yoichi7

最後にスイカ100%のスイカジュース。当たり前かもしれないけど、まるでスイカを食べてるような味。熱気ある台北で飲むからこそ一段と美味しい。

taipei-raohe-yoichi8

ホテルに戻ってからスターバックスでコーヒーを買って、さっきの今川焼きで〆る。よくよく考えたら粉と肉しか食べてない。

しんみり

明日は早朝のフライトで帰国する。

深夜にまた散歩をしたけど、土曜に比べると日曜の活気は半分くらい。どこも日曜は短めの営業なのかな。スタバだって日曜は1時間早く閉まる。

これから旅行を終える者にとっては、こうしてフラットに落ち着いた雰囲気で終えるのがよいのかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です