台北3日目 現地の台湾料理を味わう

 

故宮に行こうと思って乗り換えた場所が「劍潭」駅。外に出たら雨が降ってきたので、急遽この日は食べ歩きをすることにした。

この「劍潭」駅の真ん前には、台北でも最も有名な士林夜市がある。

昼の士林夜市

といってもまだ14時だからアパレルしか開いてない。途中、1つだけ開いている屋台があったので拉麺を食べた。牛肉麺って食べてみたかったし。

taipei-shirin-yoichi1

観光向けでなく完全に土着な屋台らしい。あえてレトロにパイプ椅子でなく、ガチで使い込まれたパイプ椅子。

taipei-shirin-yoichi2

牛肉麺 90ドルとワンタン麺(饂飩麺)40ドル。もう饂飩=ワンタンってのは覚えた。冬粉=春雨ってことも。

taipei-shirin-yoichi3

牛肉麺は、ちょっと八角臭い薄味の醤油ラーメン。八角が強くて牛肉も固いシーチキンみたいで、わざわざ好んで食べるものでもないと思いながら食べる。

夜市まで待つこともなくホテルに帰ることにした。

途中、マックで軽食。台北料理のクセが強くて、スタンダードな味が恋しくなっていたところ。でも一応ローカルメニューの照り焼きチキンみたいなサンドを注文。甘辛の“甘”だけのような味であまり美味しくない。やっぱり失敗した。

ダンテコーヒーでお茶する

台北市でよく見かける喫茶店が、スタバとイカリ珈琲、そしてこのダンテコーヒー。ドトール並みの出現率なので気になっていた。

taipei-dante-coffee

美式珈琲(アメリカンコーヒー)は、普通の味。不味くない分、特徴もないので、ドトール感覚で使うのかも。

taipei-dante-coffee2

ストリート写真も撮ってみる。こうして街をぶらぶらするだけの旅行が好き。観光地に行っても現地の雰囲気は味わえないし、現地の人との交流は生まれない。

taipei-street1

ホテルの近くにあるパン屋(店名は知らないけどマックの向かい。林森北路436。)の、ロールケーキとブラウニーが美味しい。ロールケーキはご当地名物なのかね、屋台でも売っていたし、ケーキなのに八角の香りがプンと来たし。Pケーキとオススメされた月餅は普通だった。

ゴミ収集車

夜の11時、ゴミ収集車の周りにやけに人が集まってるなーと思ったら、みんなゴミを片手に集まって来てる。収集車が集めるんじゃなくて、収集場所に持って来るものなんだね。

TVで見たけど、中国では宅配便のところに人が受け取りに来るみたいだし、そういう考え方なのかも。ヤマトはそこに勝機を見出したけど、公共サービスも日本から輸出できるものがあるのかも。そのぶん税金が高くなるけど。

夜食「ルーウェイがハオツー」

近所をぶらぶらしてると食堂っぽいところがあったので入った。夜の12時にもかかわらず開いているお店が多いのがすごい。台北は街全体が居酒屋という表現が正しいと思う。

このお店はいかにも食堂という感じ。メニューは中国語オンリーで全然読めない。

taipei-food1

麺類と湯ものしかなかったので、海老ワンタン麺を注文。ワンタンが大きくて結構いける。

それと、調理してるところを覗きに行ったら、やたらと「これハオツー(美味しい)」と勧められた。「滷味 (ルーウェイ)」というらしい。滷味は屋台でよく見かけて気になっていたので、どれがハオツーなのか聞きながら頼んでみた。

豚の腸と、豆の何かだそう。最初はグロいと思ったけど、甘辛の醤油味が濃くていける。いや、ほんとハオツーだ。ビール頼めばよかった。

taipei-food2

たぶん昼の屋台は失敗だったんだろうな。明日も牛肉麺とか八角料理を試してみようと思った。

そしてこのお店の女の子がかわいかった。まったくと言っていいほど言語は通じなかったけど、笑顔が素敵だから写真を撮らせてもらった。

taipei-girl

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です