台北3日目 雨上がりの大安森林公園

3日目にして晴れた。週間天気だとずっと雨だったから嬉しい。

taipei-3rd-morning

大安森林公園に行ってみる

ホテルの目の前にあるのだから、折角なので行くことにした。雨だと鬱蒼として見えるけど、晴れたら清々しく見える。

taipei-daan-shinrin-park

自然が広がるけど半分は湿地帯になってる。やっぱ雨が多いからね。

taipei-daan-shinrin-park2

敷地内には遊具もたくさんあった。ローラースケート場とかブランコとか。このブランコの並び方が中国っぽい。

taipei-daan-shinrin-park3

アスレチックジャムも。地元のファミリーたちも遊びにきていた。

taipei-daan-shinrin-park4

大安森林公園はいまはMRTが建設中(2012年当時)。これからはダンディホテルも森林公園も利便性が高まるね。

taipei-daan-shinrin-park5

次のホテルに移動

2泊ずつにしたのは、観光のための拠点を南と北に振り分けたかったのもあるけど、単に飽きないように。ホテルの満足度でリスク分散にもなるし。ありがとうDandy Hotel、スタッフたちがフレンドリーで素晴らしかった。

taipei-dandy-hotel-entrance

MRTがホテルから遠いので、最寄りのバス停から向かう。というかiPhoneのGoogleマップで出てきたとおりに従う。

taipei-daan-bus

次のホテルセンスまでは、バス280番に乗って「中山國小」駅まで。行き方はiPhoneのマップで出てくるからいいけど、到着駅の名前が読めないものだから、写メって運転手に見せる。

taipei-daan-bus2

このGoogleマップはすごく便利で、旅行で必須になっているけど、一つだけ要望がある。バス運行番号と経路はわかるけど、「降りる駅の名前」をまずは表示してほしい。そして読み方を表示するとか、読み上げる機能をつけてほしい。じゃないと乗り過ごすか、運転手に聞くぶん出発が遅れる。

バスの中は結構きれい。MRTもそうだけど、台北の交通機関はドイツ並みにきれい。そして、老人や子供連れには必ず席を譲る文化があるのも素敵。

taipei-daan-bus3

中山國小駅でバスの運転手が「ここだよ」とジェスチャーしてくれたので降りた。そこから1ブロック歩いて、ホテル・センス(伸適商旅)に到着。

ホテルに入るとアバクロみたいに香水の匂いがするし、見た目は豪華だし、ちょっと選ぶの間違えたかなと思った。

taipei-hotel-sense1

客室は15時まで掃除してるっぽいので、荷物だけ預けて出かける。

ちなみに後で撮った客室の中はこんな感じ。隅から隅までシックな造り。

taipei-hotel-sense2

ビジネスルームだけあってデスクも。たぶんどこよりもモダンで格好いいんだろうけど、何か東京にいるようで。それにゲストはほぼ日本人で、日本人用かと疑うくらい。

taipei-hotel-sense3

現に日本人客がやたらと多い。現地ガイドのような人に「かわいい子じゃなかったら帰るから」と言ってたから、そっち目的の旅行なんだろうね。アジアで買いたがる日本人って多いよな、ホント。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です