バンコクの話題性ありすぎるレストラン「Cabbages & Condoms」

バンコクのスクンビットエリアで一度は行ったほうがいいレストランがあります。スクンビット Soi 12をずっと200mくらい奥にいったところにある「Cabbages & Condoms」がそれです。

「キャベツとコンドーム」という店名がよくわかりませんが、中はオシャレ。旅行雑誌にも取り上げられるようで、客層はほぼ外国人です。

cabbages-and-condoms_11

レストランはこのファサードからさらに奥。庭園を歩いてレストランに入ります。

cabbages-and-condoms_10

1階の中庭にあるテーブルと、2階のテーブル席があり、100人以上は入れるんじゃないかという広さ。あたり一面に電飾がかざられていて、オシャレ、そしてやはり暑い気がする。

cabbages-and-condoms_06

2階はこうなってます。店内も隅から隅までびっしりと電飾が輝いてます。

cabbages-and-condoms_04

料理の写真はありませんが、トムヤムクンを始め、そこそこ美味しかったです。クーラーがないから暑い、そしてビールが進みます。

cabbages-and-condoms_03

帰りに持たされたお土産はコンドームでした。そりゃね。お決まりなんでしょう。

cabbages-and-condoms_05

よく見ると周りの装飾品がコンドームで作られてます。入ったときは工芸品か何かだと思っていたけど、店名だけじゃなくここまでくると遊び心がすごいですね。

cabbages-and-condoms_09

2回リピートすることはないと思うけど、一度は話題作りのためにも行ってみると面白いです。友人でもビジネスでも、誰かを連れていきたくなるお店としてはナンバーワンかもしれません。

バンコクで日本人シェフの朝ごはんが食べられる「Maduziホテル」

バンコクに行ってきました。今回泊まったホテルが良かったのでご紹介。

名前は「MADUZI Hotel」。マドゥジホテルと呼びにくい名前ですが、朝食が本当に美味しかった。

レストランはエントランスから向かって奥のこのスペース。デザインホテルだけあってインテリアも整ってます。

bangkok-maduzi-hotel_5

朝食は5種類

朝食はアメリカン・ブレックファスト、パンケーキ、フレンチトースト、うどんとひつまぶしの5種類があります。普通に食べたら500バーツ(1800円)ですが、朝食込みの宿泊プランなら同じものが食べられます。

こちらはアメリカン・ブレックファスト。目玉焼き3個にジューシーなソーセージ、ベーコン、その下にほうれん草とキノコのソテーが敷いてあります。朝からこのボリュームで満足して、1日が楽しく始まります。

bangkok-maduzi-hotel_6

そしてこちらがフレンチトースト。大きく切ったバゲットに高そうなメープルをかけて。ふんわり、甘さを控えた味で、バターの香ばしさがたまらない。

bangkok-maduzi-hotel_7

この次の日は、パンケーキとひつまぶしも食べました。タイにも大戸屋や吉野家の日本の味はありますが、まさかひつまぶしが食べられるとは思いませんでした。

シェフは日本人

日本人好みの味で驚いたわけなんですが、それも当然。こちらのシェフは日本人でした(とスタッフが教えてくれました)。

MADUZIホテルはデザイン重視

ホテルのゲストルームも紹介します。

バンコクでも少し高めの1泊12000〜という値段もあり、デザインは洗練されています。スクンビットエリアには小綺麗なホテルが多いですが、その中でもデザイン重視なほうじゃないかな。

bangkok-maduzi-hotel_1

お風呂は、浴槽が大きくジャグジー付き。シャワーはシャワーヘッドがなくて天井から降ってくるというのが凝ってますね。

bangkok-maduzi-hotel_2

洗面台は四角くて浅め。泡がなかなか流れていかない。。デザインを気取ってるぶん機能性は良くないです。

bangkok-maduzi-hotel_3

Panpuriのアメニティ

その洗面台と、お風呂場にあるアメニティがこの「Panpuri(パンピューリ)」。コスメに詳しい人なら知ってるかもしれませんが、タイ発の最高級スパブランドです。リゾートのブティックホテルなんかに置かれているような高級品ですから、女の子は気分が高まりそうですね。

bangkok-maduzi-hotel_4

もちろん持って帰っても大丈夫。最近のスパリゾートだと、ロクシタンの小瓶を置いてるところも多いですが、みんな持ってかえりますね。

アクセスが良くて悪い

MADUZIのメリットでもありデメリットでもあるのが交通アクセスです。

スクンビットエリアの中心部であるAsok駅まで徒歩5分、ショッピングしたり電車に乗るにも最高の立地です。

bangkok-maduzi-hotel_8

が、入り口がわかりづらい。

高い塀にそって歩いていって入り口がどこなのかがわかりにくいです。セキュリティのためか、車の入り口も普段は閉めてある状態なので、iPhone片手に探さないと不安になるかもしれません。

bangkok-maduzi-hotel_9

ホテル予約をするなら2つのポイントサイト経由がお得

今回バンコク旅行で使ったのでメモ代わりに。

航空券はHISで予約して、ホテルだけ別予約になりました。行き先が国内かアジアであれば、ホテル探しは間違いなくExpediaagodaで予約します。トリップアドバイザーでは口コミと海外予約サイトの金額を参考にするだけ。

今回はたまたま2つのホテルに宿泊する予定があり、Expediaagodaの両方を予約することになりました。その2社で予約はするのだけど、その前にポイントサイト経由にして若干値引を入れます。今回はハピタスとデイリーPlusが役立ちました。

エクスペディアは最大15%の値引ができる

ハピタス経由でエクスペディアを予約すると、宿泊金額の3%がポイントとして還元されます。今回は5%にアップしてました。不定期にアップするのでラッキー。

hapitas-expedia

もう1つのデイリーPlusでは、専用のクーポンコードを配布していて、10%オフで予約が可能。2014年3月31日までこのクーポンは使えるようです。

→ ハピタス公式サイト

dailyplus-expedia

ということで、ハピタス経由でエクスペディアにアクセスし、クーポン利用で10%値引+5%ポイントバックできました。

→ デイリーPlus公式サイト

アゴダは5%引きまでなら値引可能

agodaのほうはハピタスでは3%。これでも使わないよりはマシですが。

hapitas-agoda

デイリーPlusのほうは5%オフ。

dailyplus-agoda

ただし、こっちの場合はデイリーPlusがクーポン配布でなく、デイリーPlusポータルを利用しての予約になるので、ハピタスとデイリーPlusの両方を合算することはできません。なので5%だけです。

※ デイリーPlusは通常は月額525円かかります。Yahoo!プレミアム会員なら2ヶ月間無料で使えるので、予約するときだけでも利用するのをオススメします。

名護市 まるみつ食堂でおやつのゴーヤ定食

今日は沖縄最終日ということで名護市に半分仕事に。宜野座あたりにはIT関連の設備が多く、今日はそのデータセンターに向かうのでした。

前回も行ったまるみつ食堂でランチ。

12時に三笠で食べたものの、食べる以外にやることないし。15時ぎりぎりだったから入れてよかった。写真はゴーヤ定食です。まるみつ食堂の安定の美味しさで満足しました。次はカツ丼だな。

nago-marumitsu-goya

この日、訳あって人を待つためにA&Wバーガーで5時間も過ごすはめに。居酒屋「みどり」で飲んで過ごしたかったけど、あいにくの満席でした。コーヒーおかわり自由でもないのに3回もおかわりしたのは初めてだ。