沖縄 美ら海水族館に行ってきた

沖縄に行きました。

美ら海水族館の場所は、那覇から北に100kmちかく。高速で1.5時間、さらに一般道で30分くらいで、2時間近くかかります。

沖縄自体そうですが車じゃないと行けません。道路標識では“海洋博公園”という方向を目指せば着きます。無料の立体駐車場が広いのでなんなく停められます。

下の写真は、美ら海水族館のファサードとでもいいましょうか。サンゴ礁の海を遠景にして開放的な印象。この手前にあるアスレチックパークが広くて無料なので、地元の子供たちっぽい人が遊んでます。

churaumi

入口。チケット売り場で1800円払って入ります。

churaumi2

入口がある3Fは“サンゴ礁エリア”です。熱帯魚が見れて普通にきれいです。ナポレオンフィッシュが巨大。

churaumi3
ダイビングや南国の映像でよく見るような熱帯魚。

churaumi4
ウミガメも泳いでます。

2Fが“黒潮エリア”。ここが美ら海の醍醐味のメイン水槽だと思います。

churaumi5
巨大な水槽。係員のダイバーがアクリル板を掃除してます。この水槽の向かいにレストランと飲食スペースがあるので、ゆったり鑑賞しながらランチをとるのもいいかも。

主役のジンベイザメ登場。マンタや他の魚が小さく見えるくらい巨大。ジンベイザメはこの水槽に3匹いるそうです。

churaumi6

悠々と泳いでます。海洋から捕獲して搬送するときの映像を見れますが、8人がかりで囲いこんでいるのがリアルでした。※実際の映像では“捕獲”でなく“保護”と言ってたけどどう見ても捕獲。

churaumi7

1Fは深海魚エリア。暗いのと、他の水族館と大して変わらないので、時間をかけずにスルー。

出口の外は海岸になっています。サンゴ礁が一面に広がっていて下に降りることもできます。海の緑色になっているところがサンゴ礁です。

churaumi8
外はイルカショーやウミガメの産卵なども見れます。

ビーチにも行きたかったので、出口から右に500mくらい歩いたところにあるエメラルドビーチに行きました。

churaumi9
ビーチの手前にある休憩所。ホットドッグや焼きそばが素朴な味で懐かしい味。海からあがった後に食べたくなる味です。無料のシャワーや更衣室もあるので手軽に使えます。

海開きが4月1日らしく、すでに海水浴エリアができていました。気温は23度くらいで暑いけど、さすがに水はひんやりしていて水着で泳いでいる人はまばら。足だけチャプチャプくらいですかね。砂はイメージしてた星の形とは違って普通の砂っぽい砂。

churaumi10
海の中は海藻がそこらじゅうにあり、サンゴがゴツゴツしていて若干歩きにくい。

お土産売り場では、ジンベイザメの靴下がかなりキュート。美ら海水族館1Fのお土産コーナーに売ってます。600円くらい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です