那覇のタコライス専門店「南の島食堂」はタコスのほうが美味しい

今日の昼ご飯はタコライスと決めていたので、南の島食堂へ。

那覇のタコライスは、国際通りのタコス屋、公設市場の赤とんぼ、南の島食堂などがあり、後者2つは食べていなかったからちょうどよかった。

南の島食堂は那覇市の中でも海よりで58号からも離れている若狭という地区にある。あまり華やかな地区ではないのと、モノレールの通ってる久茂地や国際通りからも距離があるから、歩いてくる観光客は少ないかも。車かチャリは必須です。

okinawa-minaminosima-shokudou1

外観は全面オレンジ、そして店内もオレンジ一色。6席しかないから、テイクアウトがメインなのかも。

ということで入店してすぐにタコライス 500円とタコス 400円を注文。「タコライス専門店」って看板に書いてあるけど、実は4つくらいメニューがあります。

okinawa-minaminosima-shokudou2

ざく切りのレタスに覆われたタコライスは、かなり肉が多い。そして味が濃い。キングタコスを連想させるようなしぐれ煮感があって、スパイスを足してるからパンチが効いてる。でもちょっとしょっぱくて食べ進めるにつれてヒリヒリしてくるかな。

okinawa-minaminosima-shokudou4

写真のような感じで、混ぜたら肉一色。レッドチェダーは美味しいけど、肉少なめにしたいかも。

もう一つのタコスのほうが良かった。

皮がパリパリに揚げてあるのに油がべとつかない。外がパリパリで中のほうがソフトにモチモチしてるのが、タコス屋と同じ感じ。でもこっちのほうがパリッと感と少し香ばしさがいい。バランスがいいからミートのスパイスが効いてくる。

okinawa-minaminosima-shokudou3

まだ食べられそうだったので、ブリトー 500円も注文。太く巻かれたブリトーの具材はタコライスと同じです。

okinawa-minaminosima-shokudou5

レタスがぎっしりなだけにぱくぱくと食べられてしまうのだけど、ここまで食べると肉の味に飽きてくるかも。メキシコ料理のようなサルサのバリエーションが欲しくなってしまう。

もう1つのメニューがトロトロチキンのインドカレーだったかな。あれが何気に美味しそうだった。まあ次来るときにでも。

今のところはタコライスはタコス屋、タコスは南の島食堂が勝利してるかな。全体評価で言ったらタコス屋でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です