日本円をバーツに両替するならクレジットカードのほうが断然お得

セゾンカードからATMの利用履歴がきました。バンコクは駅の中やショッピングモールの中など様々なところにATMがあり、今回も5000バーツを引き落としてます。

クレジットカードでかかった手数料

引き落とし時の決済レートは、1バーツあたり3.16円でした。このときの実効為替レートは、約3.08円。ATM利用(VISAの為替レート)では、そこにバーツあたり0.08円の為替手数料が乗って3.16円になったということです。

それと、海外ATM手数料(VISA)が1回210円かかります(現地のATM利用手数料150バーツはセゾンが負担してくれます)。

5000バーツを引き出すと、

5000B × 3.16 + 210円 = 16,010円

3.08円の実効レートで計算すると15,400円なので、手数料は610円かかったということです。

空港の両替手数料は3倍以上かかる

対して空港の両替所で両替をした場合は、1バーツ3.08円に0.4円が乗って3.48円になります。

5000B × 3.48 = 17,400円

こちらは手数料が2000円近く乗ってます。クレジットカードでATMキャッシングをした場合に比べると、実に3倍以上です。

仲値 15400円

ATM 16010円(+610円)

空港 17400円(+2000円)

まとめ

円をタイバーツに両替するならクレジットカードのキャッシングを使ったほうが得、でした。台北に行ったときはさらに顕著だったので過去記事も参考にしてください。

空港で通貨交換するより現地ATMのほうがお得

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です