タイのボディケアショップ「Beauty Buffet」がお土産に最適

バンコクのお土産で女性に最も喜ばれたのがこれでした。「Beauty Buffet」のローションやハンドクリームです。

Beauty Buffetとは

Beauty Buffetは、タイ発のボディケア用品を扱うお店で、ボディショップやロクシタンのような感じの商品を揃えてます。

タイ国内で150店舗以上もあり、バンコクでは駅前やデパートのなかでよく見かけるお店です。

bangkok-beauty-buffet_5

どの商品もリーズナブル

店内はこんな感じでフェイスケア、ボディケア用品がずらっと並んでます。

今日がたまたまなのか、30%〜70%のセールをやってました。

bangkok-beauty-buffet_4

商品はローション、ハンドクリーム、スクラブ、シャンプーなど。

1つあたり200バーツのものが多く、セールなので100バーツで買えるものも。

bangkok-beauty-buffet_2

こちらはスクラブ。

アプリコットのスクラブ、アボカドやピーチ、ミルクなどいろんな種類があります。

bangkok-beauty-buffet_3

フルーティな香りのローションが人気

お土産で持っていったときに一番人気がよかったのはスイカやグレープフルーツのローションでした。

タイといえば、ビューティー、南国のフルーツ、少し強めの香りがする化粧品というイメージもありますね。

bangkok-beauty-buffet_1

日本では通販でも買えない

まだ日本には出店しておらず、通販で買うのも難しいそうなので、お土産としては500円前後なんだけど本当に喜ばれます。

Panpuriなんかのスパブランドだと少し値段がはるので、買うのも手ごろで、もらう側もカジュアルに受け取れるのがいいですね。

最後に、1000バーツ以上の買い物をしたら、シャンパンボトルの形をしたボディソープをプレゼントしてもらいました。

バンコク スワンナプーム空港のSIMショップは24時間営業

羽田深夜便で飛んで、バンコクのスワンナプーム国際空港に着くのが早朝5時。なにより先にほしかったSIMカードはすぐに手に入りました。

SIMカードを買ったのは空港2Fの truemove 。ここは24時間だそうで、行くまで少し心配だったけど、朝5時過ぎにもお店は開いてました。

SIMカードくださいと言ってiPhoneをお店の人に渡したら、通信できるまですべてやってくれます。

bangkok-truemove_1

ちなみに選んだ料金プランは、この旅行者用のパケット定額。7日間で上限1GBまで使えて299バーツ。100バーツぶんの無料通話もついてくるので、とりあえず困ることはない。上限を超えたらコンビニとかでチャージもできます。

bangkok-truemove_2

ということで、注文から10分も経たずにSIMが手に入りました。左上の095〜というのがタイ国内での電話番号。

bangkok-truemove_3

バンコク市内や、車で30分くらいの郊外でもいろいろ使ったけど、4Gになることはなかったな。3Gが途切れることもなく、LTEが始まる前の日本と同じくらいの快適さでした。

もちろんtruemoveだけでなくdtacとかAISも空港にあって、現地の人は安いからdtacを使ってると言ってました。

日本円をバーツに両替するならクレジットカードのほうが断然お得

セゾンカードからATMの利用履歴がきました。バンコクは駅の中やショッピングモールの中など様々なところにATMがあり、今回も5000バーツを引き落としてます。

クレジットカードでかかった手数料

引き落とし時の決済レートは、1バーツあたり3.16円でした。このときの実効為替レートは、約3.08円。ATM利用(VISAの為替レート)では、そこにバーツあたり0.08円の為替手数料が乗って3.16円になったということです。

それと、海外ATM手数料(VISA)が1回210円かかります(現地のATM利用手数料150バーツはセゾンが負担してくれます)。

5000バーツを引き出すと、

5000B × 3.16 + 210円 = 16,010円

3.08円の実効レートで計算すると15,400円なので、手数料は610円かかったということです。

空港の両替手数料は3倍以上かかる

対して空港の両替所で両替をした場合は、1バーツ3.08円に0.4円が乗って3.48円になります。

5000B × 3.48 = 17,400円

こちらは手数料が2000円近く乗ってます。クレジットカードでATMキャッシングをした場合に比べると、実に3倍以上です。

仲値 15400円

ATM 16010円(+610円)

空港 17400円(+2000円)

まとめ

円をタイバーツに両替するならクレジットカードのキャッシングを使ったほうが得、でした。台北に行ったときはさらに顕著だったので過去記事も参考にしてください。

空港で通貨交換するより現地ATMのほうがお得

バンコクを写真多めで綴る 〜チャトゥチャックマーケットから王宮、カオサン〜

今回はビジネスでのバンコク訪問。ということで土日はふらふらとしてました。

チャトゥチャック・ウィークエンド・マーケット

現地の人にオススメされた、チャトゥチャック・パークに行ってきました。土曜日ということでウィークエンド・マーケットがやってます。

bangkok-chatuchak-park

タイのお土産を全部ここに集めたんじゃないかというくらいに、何でもあります。にしても、ものすごく広い。

お土産はアパレル、石鹸、アロマ系、木彫り系、家具、机、鳥、魚。。。なんでもあるってのはある意味圧倒されますね。

ターミナル21のフードコートは庶民価格

アソークに戻って、ターミナル21のフードコート。6Fのフードコートは1品30〜40バーツくらいで庶民価格。なので現地の人も多い。

そしてここの女の子が可愛かった。厨房なのにアームウォーマーつけてiPod聞きながら調理してるのがかわいい。

bangkok-terminal21

王宮までボートで移動

土曜までスクンビットエリアにいたので、日曜はシーロム近辺に宿泊を移しました。

王宮へ行くことにしたので、移動はボートかなと。サトーンから乗船しました。電車でもタクシーでもいけるけど、空気が悪いバンコクではボートに乗るのが気分がよくて最高です。

bangkok-boat_1

150バーツの観光用1Dayパスはスルーして、船内で1回券を支払えばいいやと思ったら、これもツーリストボートで40バーツずつ取られました。庶民の20バーツのやつは30分に1本なのか。以前は15バーツか17バーツだったような。まあいいか、速いし座れるし。

bangkok-boat_2

船は気持ちいいね。向こう岸のワットアルン?ってピカピカの寺とか、リバーサイドのゴージャスなホテルを見ながら、途中下車したくなる。

bangkok-boat_3

ターチャン駅到着。王宮の向かいは何故か西洋な建築様式でおシャンティ。

bangkok-tachan

王宮、高すぎだろ?!

王宮に到着、露出が高いひとは入り口でいろいろ指摘されますのでご注意を。

驚いたのが入場料。500バーツもする!

間違いじゃないか聞いたところ、外国人は500バーツでタイ人は無料。5年前には200バーツくらいだったけど、毎年100バーツずつ値上げしてこうなったそうだ。それでもひっきりなしに人が入場するのがすごい。

bangkok-palaces_1

王宮を囲う廊下。こういう一点透視図法の写真が好きです。できれば奥から光が溢れるようならもっとよい。

bangkok-palaces_2

廊下では現地の人が手を合わせてヴェーダを詠唱してました。それを神様が睨むという構図で。この神様はバンコクで至るところにある(けど名前は知らない)。空港にもあったような。

bangkok-palaces_3

その神様の3D版です。もっと大きな像もあるけど笑顔のやつをピックアップしました。しかも犬付き。どこにあるか、王宮に行くことがあったら探してみてください。

bangkok-palaces_4

王宮の中心部はあまり撮ってない。ハイセンスな王様が作ったものよりも、庶民の街並のほうが好きだったりする。

カオサンが落ち着く

夕方にカオサンロードに来ました。

好きなんですよね、カオサン。誰にも調和が取れていて、品質が安定してて、ちょうどよくお互いが無関心で。落ち着く。

bangkok-khaosan_1

しゃれおつな写真。

bangkok-khaosan_2

その2。向かい側。

bangkok-khaosan_3

カオサンの屋台のパッタイは最強だと思います。物価上昇で20バーツから30バーツに値上がりしてたのが衝撃だった。おかわりしちゃったけど。

bangkok-khaosan_4

ミスド(スシド)

シーロム・コンプレックスのミスド。バンコク市内にミスドは日本と同じくらいあるのだけど、バンコクならではのSushiDoというラインナップも。タイ人向けに甘く調整されていて、あまり美味しくない。

bangkok-misdo

いつか乗りたいオリエンタル急行

何となくどこか行こうとフアランポーン駅に。日本でいう品川駅です。MRT直結のターミナル駅がかなり良い。線路とプラットフォームに柵が全くないのがいい。ミストを噴射してるのもいい。

bangkok-hualamphong-station_1

端っこにオリエンタル急行がいました。憧れの。いつか乗りたい。片道30万。乗るときはスーツに蝶ネクタイを持って行くぞ。

bangkok-hualamphong-station_2

バンコクからクアラルンプール、シンガポール行き。用事がない、なくても、でも乗りたい。いいつかオープンジョーで。

bangkok-hualamphong-station_3

テンションが上がったので撮影用のポイントからも。

bangkok-hualamphong-station_4

フアランポーン駅はこんなにでかいのに寂れてるよね。品川駅もそうだけど。

bangkok-hualamphong-station_5

豪雨。スコール。タクシーに乗ってショッピングすることに。

bangkok-hualamphong-station_6

サイアムスクエア

サイアムスクエアは日本で言う原宿。大学の敷地だからギャルっぽいものが多い。台北の師大夜市もそうだったな。値段はちょっと高めだけど見てても面白い。

bangkok-siam-square

ていうか変わり過ぎじゃないか?サイアムスクエア。区画も変えた?駐車場を整理したのか。

ソムタムヌアという評判のお店。チキンウィングがニンニク醤油味で美味しかった。看板メニューのパパイヤサラダは辛かった。

bangkok-som-tam-nua

とりとめもないな。そしてスクンビット近辺に宿泊しながらまったく通りを歩いてない。こんなもんでしょう。